麻雀が弱い人の打ち方

麻雀が弱い人の打ち方を研究する

メルマガバックナンバー

 

皆様こんにちは!

 

では今日もまた、麻雀が弱い人の打ち方を研究して、その打ち方を絶対に
真似しないようにする!という麻雀上達法についてお話します。

 

 

前回の"綺麗な麻雀を打つ人は弱い人が多い"に引き続き、
今回は"いつも自分が上がろうとする人は弱い人が多い"についてお話します。

 

 

麻雀は4人で打てば、自分が上がれる確率は常に4分の1しかありません。
(実力が同じ場合)

 

 

それなのに毎回自分が上がろうとするために、前半はアガリに向かって
一直線で、誰かがリーチでもかけると慌ててオリようと思っても安全牌が
無い・・・。

 

といった打ち方の人は弱い人が多いのです。

 

 

強い人の打ち方の人が打っている所を前述したような人が後ろから見ていても、
おそらく理解できない事があると思います。

 

それは、強い人は配牌を見た時点でベタオリと決める時もあるからです。
第1打から有効な牌をガンガン切っていく打ち方は、いつも上がりに向かう
人からすると全く理解出来ないことでしょう。

 

 

特にオーラスの攻防では、この差が歴然と出てきます。

 

 

例えばダントツのトップの場合、強い人が100%ベタオリをする場合は、
序盤は国士無双を狙っているように打ち、中盤からは上家が切った牌を、
同じ巡目で切るといういわゆるあわせ打ちを意識して役牌やドラを絞る。
といった鉄壁のガードをする時も多々あります。

 

 

しかし、いつもアガリに向かう人は、そういった発想は全くありません。

 

とりあえず前半はアガリに向かって打ち、だれかにリーチをかけられてから
慌てておりようとするのですが安全牌が無い・・・

 

そして「げ〜っ!安全牌が無いよ!」「そのリーチ厳しいな〜!」といった
セリフを吐いてしまうのです。

 

違うのです。最初から準備していないだけなのです。

 

この差は本当に大きいです。

 

 

あなたには、是非毎回上がりに向かわずに点棒状況を見て、時には100%
ベタオリに徹するといううち方をマスターして欲しいと思います。

 

 

少なくともトップ目のオーラスで、自分の手があまり早そうでないと判断
したのなら安全牌は最低でも3枚は用意しておきたいものです。

 

 

ちなみに、上記のようないつもアガリに向かう人も、DORA麻雀のハンド履歴
(牌譜再生機能)を見れば簡単に探す事が出来ます。

 

 

是非そういった人を見つけてメモしておいて、すすんで一緒に打ちましょう^^

 

                         ⇒ 続きを読む

 

       この記事を配信しているメルマガに登録する!
          ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
>>登録はコチラ!麻雀必勝法の請求と同時にメルマガ登録されます。

麻雀が弱い人の打ち方を研究する関連ページ

弱い人の打ち方を絶対にしない
麻雀必勝法:弱い人の打ち方を絶対にしない
謎の2ピン待ち
実際の経験からくる麻雀攻略法:謎の2ピン待ち
弱い人の打ち筋を知り、そのうち方は絶対にしない
麻雀みおいて、弱い人の打ち筋を知って、そのうち方は絶対にしないようにしましょう。
弱い人の打ち方を絶対にしない!
麻雀攻略法、弱い人の打ち方を絶対にしない!
麻雀が弱い人がよくやる事
麻雀必勝法!麻雀が弱い人がよくやる事
反響がスゴイ事になっています!
麻雀攻略法の機能の記事の反響がスゴイ事になっています!
麻雀が弱い人まとめ
実際の経験からくる麻雀が弱い人についてのまとめ

ホーム RSS購読 サイトマップ
麻雀必勝法 プレゼント 【極秘】 DORA麻雀で稼ぐ方法 稼ぐ為の提案 DORA麻雀の安全性 お問い合わせ